プレファブ住宅をリノベーションする
リノベーションをお考えの方へ リノベーションができる工務店の条件 リノベーションの流れ
代表あいさつ 会社概要・アクセス スタッフ紹介
上尾市 KM邸
プレファブ住宅をリノベーションする
img2-1 STORY
お客様との出会い
お客様との出会い

KMさんと私は同じ町内にお住まいです、実は高校の先輩です。

プロの写真家で、自宅にスタジオがあり、私の子供たちも行事ごとにお世話になりました。

建物本体はSハウス製で過去に1度増改築が行われておりました。

今回の工事の目的は、高齢化に伴い1階で生活がすべて完結できるようにしたいというのが目的で、構造体・温熱環境の向上も重要な要素でした。

1階を大きく占用していたスタジオを廃止する、増築された部分を撤去してオリジナルな形に戻し耐震壁を復旧し、耐震性を高める。


調査
調査

まずは、入念に調査を行います。 躯体はSハウス製軽量鉄骨住宅でした。

過去、増築により、耐力壁を解体していると思われ箇所がありました。 既に30数年が経過しているがメンテナンスはほとんど行っていない状況でした。


室内も仕上げ材を撤去し、構造を確認する。

 

 

まずは、入念に調査を行います。躯体はSハウス製軽量鉄骨住宅

過去に増築により、耐力壁を解体していると思われる。

既に30数年経過しているがメンテナンスはほとんど行っていない。

 

 

kameda20110116_00
kameda20110116_03

増築部分の手摺は錆びて朽ち果ててきた。

kameda20110116_07

屋根は錆錆

kameda20110116_06

 

外壁の一部はコロニアルという屋根材で仕上がっているが、既に表面の塗装は機能を果たさず水が染みこんでいる。

kameda20110606_00

 

室内の様子

kameda20110606_01 kameda20110606_05

写真スタジオ

kameda20110606_02 kameda20110606_04

 

そして、壊します。テレビのように壊す訳ではありません。

 

kameda20110613_09 kameda20110613_04 kameda20110613_05

 

増築部分も壊す。

kameda20110613_03 kameda20110608_07 kameda20110613_00 kameda20110613_01 kameda20110613_02 kameda20110610_00

 


施工実績一覧に戻る

ページトップへ