築41年住宅のリノベーション
リノベーションをお考えの方へ リノベーションができる工務店の条件 リノベーションの流れ
代表あいさつ 会社概要・アクセス スタッフ紹介
上尾市 S様邸
築41年住宅のリノベーション

img2-1 STORY
インスペクション
img2-2 img2-3
築41年の住宅という事でまずはインスぺクションに入りました。
床下から屋根裏まで実際にリノベーションが可能な建物なのかどうかを調査しました。
このまま利用することはできない事はできなさそうですが、しっかりと補強を行えばどうにかなりそうです。
img2-4
床下に入るのはこんな感じです。
このインスぺクションをしっかり行う事がリノベーションにおいてとても重要になります。

解体そして工事開始
img2-5
リノベーション開始前の様子です。この家が耐震性に優れ、快適な住まいになるのかと思うとワクワクしたのを覚えています。
img2-6
解体工事というと、重機を使って行うのが一般的ですが、リノベーションの場合はこのように残すべき部分は残しながら慎重に行います。
img2-7

img2-9
img2-8

img2-10

ここまで解体すると、ゼロから作り直した方が安いのでは?と思われそうですが、それでも今あるものを活用する方がコストを抑える事ができます。
基礎工事
img2-11
img2-12

正確に計測を行い、基礎の補強工事を行いました。
img2-13

img2-15
img2-14

img2-16

べた基礎のコンクリートに埋設するタイプの床暖房にしました。コンクリートが温まるまで時間がかかりますが、温まってしまえば、家中が快適な温度になります。
遮熱で夏涼しく冬暖かい家に
img2-17

img2-19
img2-18

img2-20

遮熱シートは私が体感してもっとも快適だと思ったタイベックを採用しました。アルミの力を利用して熱をはね返したり、魔法瓶のように中の熱を閉じ込めたりと快適な家をつくるのに欠かすことのできないものです。
外壁はガルバリウム鋼板でスタイリッシュに
img2-21
img2-22

外壁材は耐久性、耐食性が良く熱反射率や耐熱性に優れているガルバリウム鋼板にしました。
見た目がスッキリとしていて若い方に人気な雰囲気になりました。
床下と天井裏を繋いだ換気システム
img2-23 床下と天井を繋ぐ一本の筒。 これは夏に天井裏で温まった空気を涼しい床下に流すことで放出し、また寒い冬には地熱で15度程に保たれた床下の空気を上にもっていく事で自然のチカラをそのまま利用した換気システムとなっております。
リノベーション完成
img2-24
img2-25

img2-26

img2-27
img2-28

img2-29

img2-30


施工実績一覧に戻る

ページトップへ