社長のブログ
最新のスタッフブログ
ブログカテゴリー
過去のブログ
2016年4月8日金曜日 (温熱環境)
佐藤工務店のZEH住宅100%への取り組みについて。

今年は日本の住宅にとって大きな変化の年になりそうです。


先日ご紹介した、住宅のBELS表示制度(冷暖房光熱費表示)の他に、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)の本格的普及対策が始まりました。


まずはZEHビルダーの登録制度は本年度始めて実施される制度で2016年から2020年までの自社住宅のZEH化率の目標を掲げ公に公開するという制度です。

WS0168
断熱性をさらに高めて暖房・冷房費をかけなくても、我慢せずあったかくて涼しい家を造り、どうしても必要となる少額の冷暖房費を太陽光発電でまかない、ゼロエネルギー若しくは+エネルギーにしようという取り組みです。


既に佐藤工務店の長期優良住宅仕様の「わたしのおうち」は新築・既存共にZEHの基準となる断熱性能は標準仕様として備わっております。


あとは太陽光発電を載せるだけでZEH住宅となります、但し敷地条件等により太陽光発電の発電量が少ないなどの条件によりNearyZEHとなる場合もあります。

 

ちなみに佐藤工務店の「わたしのおうち」はZEH、NearyZEH、新築・既存住宅改修を含め初年度2016年度100%、2017年度100%、2018年度100%、2019年度100%、2020年度100%を目指すことで登録しています。

 

私共のZEH住宅は太陽光発電や高価で複雑な換気設備に頼らない、買い換えや・修理・交換などの設備を出来るだけ使わない、長期にわたりメンテナンスのコストがかからない、建物本体の断熱性能の向上を行い、家族にも、懐にもやさしい、ここちいい家に1人でも多くの方に暮らしていただきたいと思っております。

 

また補助要件を満たす住宅建設には 一戸あたり 定額 125万円(地域区分・建物規模によらず全国一律)の補助金制度があります。

本制度及び補助金制度に関しては28年度ZEH公募要綱をご参照下さい。

さらに、国土交通省が行っている高度省エネ型(ゼロ・エネルギー住宅)の補助金制度も取り扱っております。こちらはZEH住宅(経産省)と内容はほぼ同じですが、中小工務店だけが取り組める制度です、年間2-3棟しか割り当てがありませんが地域材の使用を合わせると175万円の補助金を受けることができます。

 

 



こちらの記事も合せてご覧ください。
専門知識の宝箱

ページトップへ