社長のブログ
最新のスタッフブログ
ブログカテゴリー
過去のブログ
2018年12月23日日曜日 (社長のブログ)
消費税増税決定!でも慌てないで!増税後の方がお得。

来年10月消費税が10%への移行が決定し住宅も消費税値上げ前になんとかしたいという話が出始めています。分譲系の住宅は消費税値上げ前の建築ラッシュとなっている様子です。

ここに来て国交省は、消費税が10%に上がった後に建築・購入した場合のメリットを打ち出しました。

過去の消費税アップ時の建築業界の状況を考えると、何が何でも増税前に!は私の経験上お客様にとって不利になるかと思います。

分譲系を中心に駆け込み需要に対応するために職人不足、建材の不足と値上げ。

かつては外壁材が品薄になりかなり製品不良と思われる建材も使わざるを得ない状況となった。

いい家を造る条件として、良い職人・品質のよい材料・適正な値段は取っても重要なことですが、駆け込み需要に巻き込まれると私もお客様も後悔するお家が出来上がってしまいます。

昔はこんなに手厚い対策は無かったのですが、今回の国の対策は増税後でも大変メリットがある物です、市場の動向を見ながら、慌てずにお家造りをされることをお薦め致します。

 

課税のタイミング:

どの時点まで消費税が8%なのか。

8%が10%になって単純に2%増税なので2,000万円のお家の消費税額は40万円増えると言うことになります。

1.土地の購入には消費税は掛からない 

2.中古住宅・マンションには消費税が掛からない(但し:中古住宅をリフォーム・リノベーションした住宅の再販の場合を除く)

3.2019年3月31日までに契約したものであれば、引き渡し時期にかかわらず消費税は8%。

4.契約時期にかかわらず2019年9月30日までに引き渡されたものは消費税8%。

 


増税後のメリット策(消費税10%が適用されるもの):

1.次世代住宅ポイント制度
●新築最大35万ポイント・リフォーム最大30万ポイント

2.すまい給付金

●最大30万から最大50万円に引き上げ。

3.住宅ローン減税

●住宅ローン減税の控除期間を3年間延長(建物購入価格の消費税2%分の範囲で減税)

4.贈与税の非課税措置の拡充

●現行非課税枠1,200万円を3,000万円に引き上げ(2019/4/1~2020/3/31)その後段階的に減少する。

増税初年度がお得?

 

如何でしょうか?2,000万円の建設費の場合の40万円の消費税額アップに対して、慌てて建てるリスクと消費税アップ後に建てるメリット。

 

 

 

 



こちらの記事も合せてご覧ください。
専門知識の宝箱

ページトップへ