社長のブログ
最新のスタッフブログ
ブログカテゴリー
過去のブログ
2018年7月8日日曜日 (温熱環境)
パッシブハウスをたてよう! 

埼玉県熊谷市でパッシブハウスを造るビルダー大和屋さんがお施主様向けのパッシブハウス講座を開催した。

 

パッシブハウスジャパンの森みわ代表、また地元熊谷高校出身の日本医師会認定スポーツ医の黒田房邦医師が建築・医学の面から「これからの家造り-パッシブハウスのすすめ-」というお題で講演があった。

 

私自身、自分自身のスキルアップのために先生方からご教授頂くことは多いのですが、我々工務店・設計事務所でもまだまだパッシブハウスの認識が薄いのが実情です。

 

お二人はどのようにお施主様にお伝えするのかが大変興味がありました。

 

 

1部の森先生のお話は、四国中国地方を中心とし甚大な災害となった今回の豪雨災害の話から始まり、冬の豪雪、ゲリラ豪雨・竜巻、いずれも予測はされていたことが結果として表れてきている、未だ省エネ運動が間に合っていないと言うこと。

 

省エネに関して、出来ない理由を並べてしまう、過剰なコンプレックスは無駄な消費行動の元!

家づくりとなると重要なところにかけるお金が足りない、実は無駄なところにお金を使っていませんか?


本当はパッシブハウスを建てたいが、お金がなくても出来るところまではやりたいと言う価値観が必要。

 

構造的にも安心で30坪で満足、室温20℃で満足という足ると言う感覚がないと、環境のことなど考えられない。吉田兼好vs魔法瓶ハウスでは無く吉田兼好+魔法瓶ハウスで良いのではないか、風が気持ちいい季節も大切にしたい。

 

体感温度は室温じゃないんだよ、室温と床・壁・窓・天井の面の温度を整えることが重要だよ。

 

水蒸気の話、4人家族で10Lの水蒸気量、夏は60%超えたくないよね、エアコンを切ると湿度が上昇する、夏にムリしてエアコン動かさないと不健康な状態になる、でもエアコンの風が不快。。。。。これはエアコンのせいじゃなく家の性能が悪いせいなんですよ。

 

なるほど、森先生、お施主様にとっていきなりパッシブハウスを建てようと言われてもわかんないだろうな、と思いましたが、視覚に訴えるスライドと、かみ砕いたお話、なるほどこうすれば理解出来るかもしれないなと沢山のヒントを頂きました。

 

ちょっとマニアックな家の話、参加されたお施主様候補の方からは、マニアックな質問が、基礎断熱をしたときの地盤改良した場合の熱損失に関しては?どの程度の断熱性能が良いの?的な質問等など。

 

今回のお話は、まだ重い腰を上げることの出来ない工務店さん、設計事務所さん向けにもお話しして頂きたい内容でした。

 

 

2部でお話し頂いた、黒田先生は、皆さんご存じの 岩前先生・伊香賀先生・星先生が発表されているデータを用いて医学的に高気密・高断熱の家がどれだけ健康効果がありお客様にメリットあるのかをご説明頂きました、この領域はやはりお医者さんがご説明するのが一番の説得力あるな!と感心しました。

3部に軽食の懇親会がありましたが残念ながら、予定があり参加出来ず。ご挨拶もそこそこに帰ることとしました。

¥3,200もする絵本を始め、大和屋さんが建てたパッシブハウスに住まわれているお施主様の声など沢山の資料を頂きました。

 



こちらの記事も合せてご覧ください。
専門知識の宝箱

ページトップへ