社長のブログ
最新のスタッフブログ
ブログカテゴリー
過去のブログ
2017年4月1日土曜日 (パソコン)
フレッツ光・光電話・光テレビ

2017/4/1 午前5時 

テレビにブロックノイズ発生、時間と共にノイズは増える、NHKはかろうじて見えるが、フジテレビは見えない。

 

午前5時45分ついに全て見えなくなった。 

 

始めに疑うのが、テレビの電波増幅器(ブースター)の電源を確認したが問題はない、ていうか電源の問題なら突然見えなくなり、じわじわ見えなくなることはない。

 

テレビはアンテナではなくフレッツ光の光テレビなので、次に疑うのは光終端装置(ONU)だ、確かにONUの映像出力のランプだけが赤くなっている。

 

何となくONUの調子悪いかと思い、常套手段である電源を切って再度電源を投入、しばらく待って、ネットがつながるか確認する、何となく遅い気がするがネットで”ONUの映像出力の赤ランプ”で検索すると、やはり赤ランプが消えない場合はNTT故障に電話して下さいとのこと。

 

今日は土曜日、現在時間AM6:00ダメ元で電話する、勿論オペレーターはいなく留守電に「とにかくテレビが見えなくて困っています」と伝言を残す。

 

当然9:00過ぎまで連絡は来ないだろうと思いきや、6:15分に携帯に電話がありONUの電源をもう一度切り5分程度放置し再投入して下さいと指示を受け、電話のお姉さんと5分間の会話、そして電源入れるがやはり赤ランプ、さらにネットも超遅くなってしまった。

 

電話のお姉さんは工事に連絡いたします午前がよろしいですか午後がよろしいですかと?

 

勿論です!午前中でお願いしますとお約束し、ネットもつながらない状況で待つこと数時間。

 

10:00にはNTTさんの協力業者さんが到着。

早速、光回線を調べると回線のレベルが下がっていますとのこと。

光ケーブルに赤色レーザーを送ると接続部などの不良箇所が目視で確認できるFiber Checkerという装置を接続してから、不良箇所を探しに電柱の接合ヵ所を探します。

外線の調査と対応を行いますと言うことで、高所作業車に乗って約300mほど離れた電柱に高所作業車で調査、どうやら本線から8本分岐している枝線の接続部分の不良が発見された。

この部分のコネクターを交換してたぶん大丈夫だろうとまずは弊社事務所に引き込まれた光ケーブルのレベルをチェック間違いなくレベルが上がりました。

 

と言う事でONU本体の故障ではありませんでした。

光の信号レベルが下がるとまずはテレビに何らかの症状が出るとのこと、思い返せば数日前からONUの赤いランプの点灯は気が付いていましたが、特に異常は無いと思い気にもしていませんでした。

 

光ケーブルの接合は光ファイバーを樹脂で接合しているが、樹脂も経年劣化により同様なことは起こりうると言うことでした。

 

Netの接続スピードが遅かったのはPCが古いからなとあきらめておりましたが、鬼の様に早くなりました。

 

驚きです。

 

何となくスピード遅いなと思ったら、NTTの光ケーブルの問題もあるかもしれません。


それにしてもNTTさんの対応には頭が下がりました。

 

ここのところ東京電力のお客様不在の対応の悪さに憤慨しっぱなしでしたが同じインフラでもこれだけ対応が違うのかと感心いたしました。

 

今日は2017/4/1 エイプリルフールですがこれは真実です。



こちらの記事も合せてご覧ください。
専門知識の宝箱

ページトップへ