社長のブログ
最新のスタッフブログ
ブログカテゴリー
過去のブログ
最新の記事一覧
no photo
1 2017年5月8日 (スタッフブログ)
認定長期優良住宅とは  市町村長がいい家であるとお墨付きを出す。耐震性・断熱性・耐久性について第3者機関が性能評価証を発行する。インセンティブとして補助金100万円、固定資産税減税、ローン減税などあり。http://jutaku.homeskun.com/yokuwakaru/yuryo.html ZEH(ぜっち)とは  まずは暖冷房費が少なくても”ここちよく”生活できる断熱・気密性の高 ...

2 2017年4月18日 (温熱環境)
昨年より始まったZEHビルダー登録工務店の1年間の実績報告を提出することができた。  佐藤工務店「わたしのおうち」はZEH、NearyZEH、新築・既存住宅改修を含め初年度2016年度の実績は100%でした。来年以降のZEH化目標は当初と変わらず2017年度100%、2018年度100%、2019年度100%、2020年度100%を目指すことを報告いたします。 昨年度 ...

6 2017年4月15日 (スタッフブログ)
立派なおうちが出来上がっても、外回りが土のままだったりするとなんか、きれいな人が、きれいな洋服を着ているが足元を見ると裸足、って感じだなと思うのは私だけでしょうか? 弊社では、ご予算の範囲で建物の外回りの工事を行うことをご推奨しております。今回は、庭に手入れは得意ではないのでできるだけ土の面積を少なくしてほしいとのお客様のお願いです。とっても広い土地なので、手入れが大変だということは十分 ...

6 2017年4月1日 (パソコン)
2017/4/1 午前5時 テレビにブロックノイズ発生、時間と共にノイズは増える、NHKはかろうじて見えるが、フジテレビは見えない。 午前5時45分ついに全て見えなくなった。  始めに疑うのが、テレビの電波増幅器(ブースター)の電源を確認したが問題はない、ていうか電源の問題なら突然見えなくなり、じわじわ見えなくなることはない。 テレビはアンテナではなくフレッツ光の光テ ...

1 2017年3月20日 (実験)
床下吹きだし、ロフト吹き下ろしエアコンによる全館冷暖房方式に変えてお客様よりご好評をいただいております。気密断熱を極めた諸先輩方が開発した上記の方式は当初、設計ガイドラインがないまま皆さん試行錯誤で徐々に使い勝手が改良されていったと記憶しております。弊社も3年前より、先ずは実験的に弊社のリノベーション物件にて実験的に採用しその後も採用物件を測定し続け、年間を通して温度データを採ることにより、沢山の ...

5 2017年3月3日 (社長のブログ)
2017年度の工務店関係の予算案が見えてきました。 長期優良住宅化リフォーム補助 2017年より2019まで継続、さらに一般基準100万円 長期優良認定仕様は200万円+一次エネ20%削減で50万の上限250万円となった。予算案は前年度並み41億円。弊社は200万補助を1棟、100万補助を1棟の実績があります。基礎高さ、白蟻被害などにより不可能と判断させていただく場合がございますが、ほと ...

5 2017年1月20日 (PRESS)
1月20日号に掲載頂きました。既存住宅のインスペクションとリノベーションの事です。昨年暮れに取材に来られ正月を挟んでですから、凄いスピードで驚きです。内容の確認をする時間も無く刷り上がったため内容と表現がちょっと違うかなと言うところもあります。ちなみに、50mmのグラスウールは真壁なので厚いものが入らず密度の高いもので対応させていただきました、面材は透湿性の高いものを使い通気工法にて対応しておりま ...

2 2016年12月13日 (温熱環境)
車には“エコカー”、家電には“省エネ家電”があるように、建物にも“省エネ”という考え方があるのをご存知ですか? 「パリ協定」で採択された温室効果ガスの削減目標を達成するため、日本では今、オフィスビルや住宅の“省エネ”に期待が寄せられています。 省エネ性能の高い住宅では、光熱費を削減できるだけでなく、快適に過ごすことも。 省エネ住宅を選ぶメリットと、その性能を分かりやすく表示する制度「BE ...

1 2016年11月28日 (PRESS)
国は、平成21年度よりスマートウェルネス住宅推進事業として「健康寿命の延伸」を目的とした住宅の断熱化とそれに伴うビフォア・アフタ-の健康調査を実施しています。 これは各県に設けられた地域協議会がモデル事業として採択され、協議会に属する工務店が補助金を受けて工事し調査、データ集積に協力するという事業です。 実はこの国の事業に先駆けて3年をかけて「健康長寿住宅エビデンス取得委員会」が設置されま ...

4 2016年10月13日 (スタッフブログ)
2016年10月12日に埼玉で発生した地中埋設のケーブル火災は首都圏58万戸に停電をもたらした。 その中には霞ヶ関を含め国の中枢機関も含まれていた。 使われていたのはOFケーブル(Oil filled Cable) 地中には50万ボルトから5万5千ボルトまでの送電線(http://www.tepco.co.jp/…/electricity-su…/operation/line.html ) ...



ページトップへ