リノベーションができる工務店の条件
リノベーションをお考えの方へ リノベーションができる工務店の条件 リノベーションの流れ
代表あいさつ 会社概要・アクセス スタッフ紹介
誰もができるわけでは無いから価値がある
新しく家を建てたいとお考えの方がいらっしゃるのと同じように、家をよみがえらせたい(リノベーションしたい)とお考えの方もいらっしゃいます。
しかし、ハウスメーカーや工務店からすると、新築の方がやりやすく、それでいて高い金額をいただけるので、どちらかというとリノベーションは好まれません。
それ以前に、技術的に「できない」という工務店があるのも事実です。
まだまだリノベーションというものはリフォームの延長だと思われている方もいらっしゃるかも知れません。
しかし、これから先限られた資源の中「モノ」を大切に使う時代が来る事を願い、私たちは埼玉を代表するリノベーション会社を目指して参ります。
これまで学んできた知識、経験を踏まえ、ここではリノベーションができる工務店の条件をお話しします。

インスペクター×最高の大工が絶対条件
新築の場合はプレカット工法などで誰でも同じように家を建てる事ができますが、リノベーションはそうはいきません。
まずホームインスペクター(住宅診断士)と呼ばれる専門家が住宅全体の劣化状況や欠陥の有無を目視でチェックし、メンテナンスすべき箇所や、おおよその費用などを「中立な立場」でアドバイスします。高い知識と倫理観が必要で、この資格をもつために2009年より国として試験が実施されるようになりました。もちろん私たちはこの資格をもっております。
工事着工前にしっかりとインスぺクションを行っていないと、実際に工事を開始してから追加費用が発生するというような事態になってしまいます。
そして大工も同じです。柱を一本抜く、柱を残して土台を交換するなどは誰もが出来る仕事ではありません。
経験と技術をもったインスペクターと大工がいることがリノベーションを行う上での絶対条件になります。

リノベーションについて リノベーションをお考えの方 リノベーションの流れ


ページトップへ