スタッフブログ
最新のスタッフブログ
ブログカテゴリー
過去のブログ
最新の記事一覧
2021年6月7日月曜日 (スタッフブログ)
リフォーム業のための営業のための教科書マガジン リフォマガ7月号に、弊社長期優良化リフォームの事例が紹介されました リフォームと言うより住宅性能を向上させ長期優良住宅として認定、補助金を受けるリノベーションはちょっと敷居が高いかと思いますが、リフォーム業者さんの住宅性能向上への興味を持っていただくための、お役に立てばと思います。 実は、この書籍の存在を知りませんでした ...

no photo
2021年5月24日月曜日 (スタッフブログ)
断熱改修補助金 LDK部屋とか部分断熱への補助金(最大100万円、該当工事の1/2)が用意されました。 内容を見たところ、申請が結構手間かかりそうです、ちょっと頭痛くなってきた!! 正式名称は ~令和3年度部分断熱等改修実証事業の第1回提案募集~   国土交通省では、既存住宅の温熱環境改善や省エネルギー化を図るため、 主として生 ...

2021年5月20日木曜日 (PRESS)
昨日取材を受けた TBS Nスタの報道番組 本日18:05より放送されました。  FBや電話で見たよ!というお言葉を沢山いただきました。 ウッドショックの現状を多くの市民に認知していただければと思い取材を受けたわけですが さすが、全体で4分間にまとめられており前半と後半に登場します。  https://youtu.be/Qg7O ...

2021年5月1日土曜日 (PRESS)
誰からのご紹介だったのだろうか 地球温暖化という隔月紙の記者さんより弊社ZEH・LCCMの 実績について取材がありました。 「脱炭素社会実現」を目指す提言誌と言うことで省エネx創エネの特集に 弊社の事例を紹介させていただきたいとの内容でした。 表紙には上尾市 TA邸の写真が使われました、 事例としては弊社初のLCCM住宅 OG邸を取り上げ ...

2021年5月1日土曜日 (スタッフブログ)
新住協(一般社団法人 新木造住宅技術研究協議会)関東支部の発行する「北関東の高断熱住宅」第8号が発行されました。   いったん抜けていた新住協ですが一昨年復帰いたしました。 今回初めての掲載となりました。 こちらの雑誌、新住協という高気密高断熱に特化した家造りをする工務店・設計事務所が技術向上のための勉強する会で、数年に一度有志により雑誌を発行して ...

no photo
2021年4月14日水曜日 (スタッフブログ)
新建ハウジング 別冊 暮らしをアップデートする「高性能住宅」に掲載されました。 プロ向けの雑誌ですが、新企画 攻めの技術研究所に 長期優良住宅を高品質化すると言うことで弊社の取り組みが紹介されました。 現時点での弊社の家造りを丸裸にされました。  ...

2021年4月11日日曜日 (スタッフブログ)
2020年8月に取り付けたリンナイ ガス衣料乾燥機 乾太くん冬になり、なんだか冷気が気になるようになってきた  既存住宅の窓に窓パネルセットにて排湿管を取り付けた、しかしとにかく冷たい風が入ってくる。  浴室から出るとすぐにこの寒いエリアを通過するのは、不快だった。 サーモカメラで見ても冷気が垂れ下がって見える。 そこで ダンパー付き排湿 ...

no photo
2021年3月16日火曜日 (スタッフブログ)
2021年5月より販売されるコロナ製のエコキュートは、太陽光発電余剰電力を利用したエコキュートによるお湯の昼間炊き上げ比率が、今まで最大50%だったのが最大80%となる。エコキュートは深夜の割安な電気を使ってお湯を沸かす物という認識が強かったが これからは、太陽光発電で出来た電気を使ってお湯を沸かす方がお得であると考えます。 現在の電気料金体型は私の住む東京電力管内では夜トク8 ...

no photo
2021年3月10日水曜日 (スタッフブログ)
2021年4月1日の省エネ住宅適合説明義務化まであと3週間となました。 何件かの講師依頼があり、改めて改正建築物省エネ法の内容を調べてみました。 まず、外皮の計算に関して ①弊社が行っている詳細に計算する標準計算ルート ②屋根・壁・窓の面積を計算しなくても良い簡易計算ルート ③面積計算不要に加えて各部の断熱性能もカタログから入力すれば良い簡易計算モデル住宅方ルート ④仕様を入れるだけで判定する仕様 ...

2021年2月15日月曜日 (スタッフブログ)
国土交通省は2021年度に住宅の瓦屋根の強風対策を強化するため、安全性の診断や改修を支援する制度を設ける、とのこと。 新築の場合、2022年1月からガイドライン工法を建築基準法の告示基準に位置付け、全ての建築物に義務付けられます。 既存建築物の場合、義務付けの対象外ですが、築後20年経過している瓦屋根の建築物は既存不適格になるおそれがあります。(2001年にガイドライン工法が確立されたため) ガイ ...



ページトップへ